地域活性・交流

災害時の緊急輸送路

桃の木・奈良田間の道路が開通すれば、南アルプス市と早川町を短時間で行き来することができます。災害時の緊急輸送路として活用できる上に災害時に孤立する心配がなくなります。そのためにも早期開通が切望されているところです。

救急救命医療体制

高齢化に伴い、心筋梗塞・脳卒中などの一刻を争う深刻な病気の場合でも地域間で緊急時にいつでも連絡が取り合え、互いに救急救命活動が行える体制の確立を目指します。

産学官の交流

民間と公務員や専門家がもっと身近になり生涯学習、公的な施設の利用活用を推進できます。ビジネス面では、産官学のコラボレーションにより先端研究がビジネスに結びつき、先端研究の成果を産業界の実際のニーズに適用することができ、学から 産への技術移転を効果的することができます。また、問題意識が高まっている環境、森林保護に対する取り組み等について企業、研究機関を交えて取り組むことも期待できます。

地場産業や新産業の連携・交流

地域企業間の交流が活発になり異技術融合、異業種交流、技術高度化、活性化、開発プロジェクトの立ち上げ、新ビジネス創出等を推進することを目指していきます。交通インフラの整備で、既存産業のより一層の発展と新たな産業の創造におおいに役立つことが期待されています。

ページのトップへ